02. 事業内容【活動報告】

【先生の学校2・3月】学校図書館の活用を考える

2月3月は、学校図書館の活用をテーマに2本の勉強会を開催しました。

当初の予定では2月のみの開催予定でしたが、
事務局と講師の中山先生との連絡と確認の不具合という大変、
申し訳ない事情により中山先生を招いての勉強会を3月に変更させていただきました。
(申し込んでいただいた方には大変ご迷惑をおかけいたしました><)

2月は「学校図書館をもっと上手に使う方法を考えるワークショップ」
として、EFCの代表理事である長尾彰と、副代表理事の中川綾とで、
学校図書館に関する与件や現実的な課題について
中山先生より既に提示して頂いた資料等を確認しながら整理する会。

そして3月は中山先生を招いての勉強会。
素敵な本の紹介から始まり、実際の活用例に至るまでお話を聞き、
本が教育現場で果たせる可能性を体感する1日となりました。

参加者のみなさんからは下記のような感想をいただきました。

−−−

中山先生が、本は人、一つの本にたくさんの人や想いがいると話してくれたことがかなり印象的です。
本は、自分になかった知識を与えたり、自分の心を動かすだけじゃなく、情報リテラシーを成長させるきっかけをも与えることに驚き。本は自分と誰か、何かをつなげるんだと感じました。あぁ、そんな魅力を感じずに、図書室に漢字ノートの山を持って行っていたあの頃..後悔。子どもたちが読んでいる傍ら音読カードにスタンプ押しまくっていた朝読書..後悔。

−−−

図書主任という立場に、勝手に不安と大変さを感じてましたが、
司書さんや先生方のお力も借りて、できることから、やればいいんだ!と思うことが出来ました。
それから、私のような立場は、逆に図書室を変えていけるいいポジションをもらえたな!と思えました
「子どもや先生」と「本」を結び付けられるお見合いを、私も成功させられるように、がんばります。

−−−

今回は少人数ということもあって、それぞれの不安や課題も相談できる濃い時間となりました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。



このページの先頭へ